USUMシーズン9 構築

確率の暴力を絡めた対面構築

 

ダゲキ

陽気 頑丈 デンキZ

4-252-0-0-0-252

151-177-95-×-95-150

インファイト 冷凍パンチ 雷パンチ 岩石封じ

 

メガゲンガー

臆病 呪われボディ→影踏み ゲンガナイト

4-0-0-252-0-252

136-×-100-222-115-200

ヘドロ爆弾 たたりめ 催眠術 凍える風

 

ゲッコウガ

控えめ 激流 気合いの襷

0-0-4-252-0-252

147-×-88-155-91-174

みずしゅりけん 波乗り あくのはどう 挑発

 

サンダー

図太い 静電気 イアのみ

220-0-252-4-4-28

193-×-150-146-111-124

ほうでん ねっぷう どくどく 羽休め

 

ガブリアス

陽気 鮫肌 こだわりスカーフ

0-252-4-0-0-252

183-182-116-×-105-169

じしん げきりん アイアンヘッド 岩石封じ

 

オニゴーリ

臆病 ムラっけ たべのこし

172-0-4-68-12-252

177-×-101-109-102-145

絶対零度 フリーズドライ みがわり まもる

 

 

最も多い選出はダゲキゲッコウガゲンガー。

ゲッコウガダゲキを先発に、相手の6匹全てに対し2匹以上が役割を持てる選出をする。ダゲキに物理受けに対する強力な役割破壊技を持たせているので、6匹とも総じて役割対象が広い。

メガゲンガー、スカーフガブリアスオニゴーリの一貫を取ることを目標に立ち回る。

ダゲキのデンキZで水・フェアリータイプの物理受けを突破/大きく削ることができるので、ガブリアスと激流ゲッコウガの一貫を作りやすい。

カバルドン入りには挑発持ちのゲッコウガから。

サンダーが相手4〜6匹に対して対面有利という場合が多く、こちらを先発にして放電をばら撒くこともしばしば。どくどくでポリゴン2メガゲンガーのヘドロ爆弾圏内まで削ろう。

ミミッキュは特殊耐久に厚くなければメガゲンガーの素たたりめで確定を取れるので遠慮なくダゲキゲッコウガを使い捨てる。

大抵のメガメタグロスガブリアス地震+鮫肌2回で落とせる。アイヘに後投げ→地震して冷パン受けて1:1交換を取る。たまに鮫肌1回で事足りる。

ガルド・ミミッキュの剣の舞でメガゲンガーが縛られるので、ゲッコウガを初手にする、サンダーで痺れさせて受ける、で対処。ガルドのシャドーボールは1発目でDダウンを引かなければ羽と放電とイアのみで削り勝てる。

ミミッキュZとかいう遅延技、

ラブリースターインパクトにすればいいものをわざわざこっちの接触技を採用している人が多いので、サンダーの静電気が活きる。

スカーフテテフはサイキネをゲッコウガで縛るか、ゲッコウガダゲキで削ってガブリアスで処理。

ジャラランガはスカーフガブリアスで処理。ダゲキで上を取れるので、こちらの裏がゲンガーなら岩封じ→インファイトガブリアスなら上から零度パンチして地震圏内に入れられれば楽。

 

あくのはどうで怯まなければ手裏剣5発でわからせる

放電で麻痺しなければ静電気で麻痺させる

重いミミッキュとスカーフテテフはスカーフアイアンヘッドで調教する

無理なポケモンが多ければ影踏みでサイクルカットし、催眠術で黙らせる

どうしてもわからない時はオニゴーリで積みまくれ、絶対零度を使い切ったらフリーズドライで凍らせろ!

 

復帰したてで知識も実力も無いなら運を押し付ければいい。どんなに裏で対戦相手の構築共有しようとオニゴーリがどの能力を上げるかまでは当てることができないのだから。

 

ガブリアスの岩石封じをいわなだれにしてさらに楽しいポケモンをしようかと検討中。